汗をたくさんかいてワキガ対策

汗をたくさんかいてワキガ対策

汗腺機能が低下することによって汗臭さというのは発生します。普段から汗をよくかく事ができていれば心配はありませんが、いい汗をかけていないと体調管理にも悪影響を及ぼします。ワキガの原因であるアポクリン腺に関してもそれは言えることで、ワキガはお風呂で清潔に出来ているかどうか、いい汗をかけていうかどうかというのも、重要なポイントになります。

 

ワキガはお風呂に入ることでずいぶんと軽減できるのです。脇を清潔にして雑菌を繁殖しないようにすれば、アポクリン腺からの分泌物と混ざり合って、あの不快なにおいを発する事もなくなります。それ以外にも半身浴などで効率よく汗をかければ、それだけでも軽減できます。

 

さらにお風呂でのワキガ対策でかなり効果を狙えるのが、お風呂にコップ一杯のお酢をいれて入る「酢風呂」を使うことです。酢の主成分であるクエン酸には殺菌作用があり、さらに皮膚表面を酸性に保って雑菌の繁殖まで防いでくれるのです。ワキガをお風呂で対策するときも、こういった手段を用いるとより効果が得られます。

 

⇒ デオドラントジェル「海露」はこちら