ワキガの根本原因

ワキガの根本原因

ワキガは強烈な臭いを脇の下から発します。日本人には1割程度しか存在しないと言われる特徴であるために、ワキガ本人は非常に目立ってしまいます。学生の頃にワキガが原因で「いじめ」られたという人も少なくないでしょう。多感な時期にワキガによって心に傷を負うと、その後の人生でもコンプレックスとなって付きまとってしまいます。

 

ワキガは病気ではありません。原因は体質によるものです。根本的な原因としては、脇の下にあるアポクリン汗腺の存在です。このアポクリン汗腺からは通常の汗とは違う、様々な成分が含まれている汗が分泌されます。その成分(脂肪、鉄分、タンパク質、アンモニアなど)に皮膚常在菌などの雑菌が繁殖する事で、あの独特のワキガ臭を発する事となります。

 

「なぜ!?私だけこんなに臭いの?」ワキガは個性ですので、うまく付き合えば手術の必要もありません。なぜ臭いのか?と言った基本的な知識を身に付けることも、ワキガ対策には必要な事なのです。原因を知らなければ対策も出来ませんからね。まずはワキガのことを知ることから始めましょう。当サイトでワキガの知識について紹介しています。

 

⇒ デオドラントジェル「海露」はこちら