皮膚科で手術を行なう際の注意

皮膚科で手術を行なう際の注意

根本的なワキガの解決を望む場合は、一番いい方法はやはり外科手術となります。しかしながら、手術ともなれば費用がかなり高くなるでしょう。そうなってくると、保険が適用されるかどうかというのは、非常に気になるところです。

 

ワキガ治療で保険が適用される所というのは、実のところそんなに多くありません。近年美容外科などで保険も可という所も出て来始めていますが、基本的には未だほとんどの美容クリニックなどで保険は適用されていません。しかしながら、病院の皮膚科では保険の適用を認める所が最近多くなっているようです。

 

皮膚科における保険適用には基準があります。ワキガの手術は、「腋臭症手術」という名目の元に保険が適用されますが、この条件として「悪臭甚だしく他人の就業に支障を生じる事実が明らかであって、客観的に医療を加えるべき必要がある場合は給付して差し支えないが、軽度のものは給付外」となっています。

 

つまり程度の強いワキガには適用されますが、弱程度のワキガにおいては、皮膚科であっても保険の適用が認められていません。

 

⇒ デオドラントジェル「海露」はこちら