下着の黄ばみの全てがワキガか

下着の黄ばみ全てがワキガ?

ワキガの人は黄ばみが下着やシャツにできるというのは、もはや多くの人の知っている「常識」です。シミの原因である、アポクリン腺から分泌される成分が繊維につくと黄色くなる、というのが黄ばみが出来るという根拠とされています。

 

たしかに、脇の下に黄色いシミが出来る場合は危険性が高くはなりますが、だからといってシャツの黄ばみが全てワキガのせいでなるわけではありません。黄ばみとワキガが、全く関係ない場合もあるのです。

 

たとえば、汗っかきの人などでも脇の下に汗をかく人が多く、下着に黄ばみがつくこともありますが、この場合はアポクリン腺からの分泌物であるかどうかは一概に判断できません。ワキガというのはあくまでアポクリン腺からの分泌物が主原因であり、ただの汗による汗ジミは、根拠とはなりえません。

 

また、デオドラント剤が衣服に付着することでも黄ばみが出来る場合もあります。ワキガと黄ばみの間にはたしかに関連性はありますが、全ての場合が結びつくとは限りません。

 

⇒ デオドラントジェル「海露」はこちら