ワキガ体質かどうかを確かめる方法

ワキガ体質かどうかを確かめる

ワキガとは、病気ではなく体質の一つです。遺伝する確率というのはかなり高く、両親どちらかがそうである場合は、その子どもに遺伝する確立は50%なのだそうです。とは言えワキガは確実に遺伝するわけではなく、なりやすくなるというだけの事です。遺伝するということはアポクリン腺が発達しているということであり、遺伝したから必ず起こるというわけではありません。ワキガの原因は、遺伝体質の他にも食事やストレスなどがあります。まずワキガに関して大切なことは、自分の生活を見直すことでしょう。

 

ワキガ体質の有無を調べる簡単な方法というのもあります。その方法というのは、自分の耳垢を調べることです。アポクリン腺のある所というのは、脇の下と乳輪の周り、そして耳の穴の中です。その耳の穴の中のアポクリン腺分泌物と脂肪、たんぱく質などが耳垢に混じることで、耳垢が湿って柔らかいものになります。

 

この耳垢を調べる方法は、子どものころから有効です。耳の中のアポクリン腺は小さい頃から発達するため、体質の早期発見に役立ちます。もちろん、人により個人差があるので、この方法をとったからといって、将来は絶対なるというものではありませんが。

 

⇒ デオドラントジェル「海露」はこちら